『The Nightmare That Is Public Education』の著者、レナート・C・ニコライ博士へのインタビュー『The Nightmare That Is Public Education』の著者、レナート・C・ニコライ博士へのインタビュー

公教育で 38 年の経験を持つ元教師兼校長である Renato C. Nicolai, Ed.D. は、6 年生から 12 年生までを教え、小学校と中学校の両方の校長を務めました。教育界では、彼はニコライ博士として知られていましたが、最終的にニック博士に短縮され、それ以来固執しています。 タイラー: 今日はお集まりいただきありがとうございます、ニック博士。明らかに、米国の公教育の状況は、多くの人々にとって大きな関心事です。まず、公教育制度のどこが悪いと思うか教えていただけますか。 ニック博士: うわー!なんてチャンス!はい、公教育制度のどこが間違っていると私が思うか教えていただければ幸いです。私の考えに優先順位はありません。それらが頭に浮かぶように、私はそれらについてあなたに話しています。 私が最初に考えるのは、私の本の主な強調点として書いたことです。教師は自分たちの教育の質を改善することを切実に必要としています。具体的に言えば、あまりにも多くの教師が無能であるか、せいぜい平凡な教師であるということです。はい、私がキャリアの中で訪れた何百もの教室で私のそばに立つ機会があれば、私たちの公立学校での教育の質の悪さに驚き、恐怖を感じるでしょう. 親が、優秀な教師からの指導で、現在無能な教師から学んでいる可能性が最も高いものと比較して、子供たちがどれだけ多くのことを学べるかを知っているだけなら、彼らはびっくりするでしょう. それはそれがどれほど悪いかです。しかし、この教師の起訴は小学校では大きな問題ではなく、しかし、中学校、中学校、特に高校レベルの教育では、深刻で横行する問題であることは間違いありません。保護者の皆さん、ほとんどの教師が持っていない 8 つの重要な資質について読みたいと思うでしょう。私は私の本の最初の章でそれらをリストし、説明しました. ...